logo

エッセンシャルオイルとは何か?


バラの香りを楽しんだことがあれば、誰でもがすでにエッセンシャルオイルの香りの力を経験しているのです。天然由来の揮発性芳香化合物は植物の種、樹皮、茎、根、花、葉、その他の部位に含まれ、芳しく強い香りを放ちます。エッセンシャルオイルは植物に独特の香りを与え、保護し、鳥や昆虫を引き寄せ受粉を助ける役目を果たしています。その本来の働きと香りに加え、エッセンシャルオイルの有用性は食物の調理や美容、ヘルスケアなど、人々の暮らしに長い間利用されてきました。

しかし、芳香化合物とは、そもそも何なのでしょうか?簡単に言えば、室温で固体または液体の状態から、すばやく気体に変わる有機成分と言えます。この即座に気化する性質を「揮発性」と呼びます。エッセンシャルオイルのボトルを開けると、あなたはその有用な香りにすぐ気づき、少し離れたところからでも香りを感じることができます。エッセンシャルオイルを構成する芳香化合物には、空気中にすばやく拡散し、鼻の嗅覚センサーを直接刺激するという物理的・化学的性質があるからです。このユニークな特性はアロマテラピーに取り入れられ、心身を健やかに整えるのに利用されています。エッセンシャルオイルに含まれる揮発性芳香化合物の種類によって、オイルの香りと有用性が決まります。

これまで、3,000種類を越える揮発性芳香化合物が発見されています。エッセンシャルオイルの性質は、植物によってさまざまで、分類上の同じ科の中でも種によって異なります。エッセンシャルオイルに含まれる芳香化合物組成の繊細な比率が、それぞれのオイルにユニークさと固有の有用性をもたらします。

純粋なエッセンシャルオイルでさえ、その化学組成は、収穫する時間、季節、生育地、蒸留の方法と時間、年間の成長率、気候に左右されます。さらに、生産過程のあらゆるステップがエッセンシャルオイル全体の品質を決定します。

エッセンシャルオイルは心と身体の健康維持に幅広く利用できます。使用する人の経験や好み、求めるものに合わせてシングルオイル、またはブレンドオイルを使用することができます。エッセンシャルオイルの使用方法について詳しく知りたい方はエッセンシャルオイルの安全な使用方法のページをご覧ください。

Published by