logo

ドテラが選ばれる理由


あなたがドテラを選べば、それはすなわち理想的な化学組成と有用性を持った植物からやさしく慎重に蒸留されたエッセンシャルオイルを選んでいるということになります。その原料は、世界の熟練した生産者によって適切な時期に根気強く収穫されています。

それぞれのエッセンシャルオイルは厳しいCPTG®品質基準にもとづいて、注意深く入念に検査されています。エッセンシャルオイルの使用経験者であれば、このドテラの優れた品質基準が純粋で安心なオイルのためにあることをすぐにお判りになるでしょう。

エッセンシャルオイルの抽出は科学であり、芸術でもあります。蒸留者は長年の経験だけでなく、現代の科学技術を用いています。

最も一般的なエッセンシャルオイルの抽出方法は低温水蒸気蒸留法です。この方法では、加圧された蒸気が植物原料の中を通ります。エッセンシャルオイルは植物から遊離し、蒸気によって運ばれます。その蒸気が冷やされると、水とオイルが自然に分離してオイルのみを得ることができます。正しい化学組成の高品質のオイルを得るために、温度と圧力は常に監視されています。ほんの少し熱や圧力が足りないだけで、オイルは放出されなくなります。また、過度な熱や圧力は、オイルの化学組成や有用性に影響を与えます。

水蒸気蒸留法

水蒸気蒸留法は植物から芳香化合物(エッセンシャルオイル)を抽出するための最も一般的な方法です。水蒸気蒸留の過程で、蒸気は植物原料を通り抜けます。蒸気とおだやかな圧力を加えることで、植物の微細な油嚢からエッセンシャルオイルが放出されます。揮発したオイルと混ざり合った蒸気は凝縮器(コンデンサー)を通って冷やされ、オイルと水の層に分かれます。エッセンシャルオイルは上に浮き、下に沈む芳香蒸留水(フローラルウォーター)と分かれ、取り出されます。

エッセンシャルオイルでは、最初に蒸留したものと蒸留が完了したものを比較して、その違いを問われることがあります。水蒸気蒸留の温度は通常60℃~100℃です。植物によってそれぞれ異なる圧力、時間、温度が必要なので、植物に合った温度を調節できるこの特定の蒸留法は、純粋な化合物を得るために適しており、非常に効果的なのです。

圧搾法

水蒸気蒸留法とは違い、圧搾法は「コールドプレス」とも呼ばれ、熱を使わない蒸留方法で、機械的に圧力をかけてオイルを抽出します。ドテラでは、オレンジ、レモン、ライム、ベルガモット、グレープフルーツのような柑橘系のオイルは、それぞれの外皮から圧搾法で抽出しています。

適切な蒸留は圧力、温度、時間、それぞれの原料の収穫方法を考慮する必要があり、植物自体に違いがあるのと同じようにそれぞれ異なる場合があります。不適切な蒸留は必要とされる芳香化合物を変化、もしくは破壊してしまい、意図する有用性を得られないばかりか、健康をサポートするオイルとして使用できなくなる場合もあります。この理由から、優れた蒸留者はごく少ない厳選した植物のためだけに働き、尽力します。この専心的な努力は適切な知識と経験を養い、植物が持つ化学組成と抽出したオイルの成分が一致するのに役立ちます。

Published by